カテゴリ:委員会報告( 1 )
委員会報告

組織力のちから向上委員会

委員長 村田 泰伸

委員長方針

私たち船井青年会議所は熱い思いで地域の為、思考錯誤しながら前進してこられた先輩諸兄の思いを受け継ぎ、明るい豊かな社会の実現に向け活動を行って参りました。本年度も私たちはその思いを受け継ぎ日々前進する為には、組織の円滑な活動が必要不可欠です。

本年度、組織のちから向上委員会は、メンバーが活動を円滑に行って頂けるよう与えられた職務を確実に行うとともに、事務局内や他LOMの有効な情報をメンバーへ発信し、その情報を活用しより良い活動を行って頂きたいと考えます。その為には、まず例会や対内紙、SNSを活用し情報の発信、そして意見収集を行い、その手法を改善することを繰り返す事で組織の活動を円滑にし、各委員会の活動を下支え出来る委員会活動を行って参ります。

広報活動におきましては、我々の活動を理解して頂くことが重要であり、ホームページを中心にSNSを活用し、私たちの運動や理念を発信し理解して頂くことで多くの方に事業に参加頂ける一助となるように情報発信を行って参ります。

例会の設えにおきましては、当青年会議所が行う日々の活動をメンバー間で確認する大切な場であり、積極的な出席促進を行います。また今まで行ってこられたように、規律のある青年会議所を継続する為、厳粛で襟を正せるセレモニーを行います。

会員拡大におきましては、喫緊の課題であり、当委員会では一人でも多くの同じ志を持つ仲間が増えるよう例会や対内紙、ホームページ等を活用し内外に情報発信を行うとともにSNSを活用することで、更に多くの方に情報発信を行い、会員の拡大に繋がるよう活動して参ります。

最後に「己がまちを強くする! ~力強く歩み出せ~」のスローガンのもと、組織の活動を円滑に行えるよう下支えさせて頂くことが、組織を強くし、本年度船井青年会議所が掲げるスローガンの実現へと繋がると考えます。当委員会及び個々に与えられた職務をこなすことを自らの成長と考え、ポジティブな考えを持ち取り組むことが個々、そして組織の成長に繋がると確信します。



地域のちから創造委員会

委員長 寺田 憲司

委員長方針

私達の住む南丹市、京丹波町は京都市をはじめ、大阪、神戸などの大都市圏とも近く、完成間近の京都縦貫道の全線開通などによって更に暮らしやすい船井地域へとなっていくことが期待されます。その一方で、この地域では人口流出や若者不足、または地域の通過点化となっていくことへの不安があるのも現状です。こういった現状の中で地域住民一人一人がまちの魅力を見つけ出すことで、さらに輝く船井地域へと繋げていく必要があるのではないでしょうか。

当委員会では、社会開発事業の中で住民に対し、普段とは違った目線を利用し、長所や短所に気付くことで、地域に対しより一層の関心を高め、地域発展の「きっかけ」として頂ける事業を作り上げていきたいと考えております。また、次代を担う子供達がこの地域から全国へ発信している誇れる魅力を深く知らない実情があることや、まちの魅力をメリットとして感じとれていない印象が目立ち、将来の子供達の地元離れの一因となっていると考え、私は青少年育成事業の中で、船井地域の誇れる魅力を共に学び、実際に触れてみることを「きっかけ」とし、故郷に対し関心を高め、魅力を感じて頂くことで、愛郷心へと繋げてまいります。

 これら「きっかけ」作りから「明るい豊かな社会」の実現をめざすためには、行政や各種諸団体の協力も必要です。新年に行う賀詞交換の場で、私達の考えや理想への活動を知って頂き、関係を深めることで、地域への思いは強いものになっていくと信じています。

私達青年会議所ができることは決して地域にとって大きなことではないかもしれません。しかし若さゆえの知識不足や経験不足を悲観するのではなく「己れがまちを強くする!」私達がこの気概を持って前向きに行動を行うことで同じ志を持った新たな仲間が集い、地域にとって強くたくましい存在へと成長していくのです。


己のちから向上委員会

委員長 田井 佑介

委員長方針

私たちは、青年経済人として生業を持ち、自身の成長と会社の成長を願うと共に、船井青年会議所会員として、明るい豊かな社会という理念を実現させるべく活動しています。この二つに共通して必要なのは、人との関わりです。より人と関わる事で、自身の持ちえない様々な情報や学びを得られ、自身の資質を向上させる事に繋がると考えます。また、高い資質を持ったメンバー個々が一つになり、より強固な団体になる事で理念の達成に近づくと考えます。

本年度己のちから向上委員会では、人との関わりが大切だと考えコミュニケーション能力に焦点を当てた資質向上事業を展開します。コミュニケーション能力を生かし青年経済人として人の輪を広げ、様々な情報や学びを得る事で、仕事の幅や視野を広げ自身の会社をより活気ある会社へと成長させることに繋がります。またJayceeとしては、各諸団体や地域住民の方々と接する場面において、円滑にコミュニケーションをとる事が青年会議所活動を後押しする力となるのです。地域の方々の想いを理解すると共に我々の考える理念を理解して頂く事が青年会議所活動の一助となり、ひいては会員拡大にも繋がると考えます。また、会員交流事業においては、高い資質を持つメンバー同志が信頼と絆で繋がる事を念頭に実施してまいります。私たちがさらに絆を強める事で、より大きな力を発揮し人々の心を惹きつける活動が出来るのです。さらに、日本JC本会や京都ブロック協議会では様々な事業が行われており、これらの与えられた機会を生かし参加することで、自身の資質を高める事が出来ると考えます。また、多くの他LOMメンバーとの交流もでき、情報交換や学びを得ると共に、スケールメリットを感じて頂くことで、視野を広げ己を成長させる事に繋がると考え参加を促して参ります。

最後に、メンバー個々が事業や様々な経験を通し資質を高め成長する事が、船井青年会議所の発展に繋がると確信します。「己がまちを強くする」この想いを心に刻み2014年度を学び多い年とし、己のちから向上委員会がメンバーの皆様により大きな成長をもたらせるように強い気概を持って邁進してまいります。
by funai-jc | 2014-01-21 22:13 | 委員会報告
   

第37代理事長西山 嘉一    一般社団法人船井青年会議所  オフィシャルブログ
by funai-jc
> 最新のトラックバック
> 最新の記事
第57回臨時総会及び2014..
at 2014-12-15 20:24
12月例会
at 2014-12-08 20:02
11月例会
at 2014-11-21 22:10
11月例会
at 2014-11-16 19:14
10月例会
at 2014-10-25 19:03
> 外部リンク